若松について

明治27年、銀座で最初の汁粉屋を初めました。

現在も当時と同じ場所で、お汁粉だけでなく、当店発祥のあんみつをお客様に楽しんで頂いております。

若松のあんみつ

あんみつは昭和5年に銀座若松で誕生しました。

当時、まだ甘いものが御馳走だった時代、常連のお客様から「もっと甘いものが食べたい」との要望があり、2代目森半次郎があんみつを生み出しました。

みつ豆に自家製のこしあんを乗せて、さらに甘い黒蜜をかけたところ瞬く間に大ヒットしたのです。

今では誰もが知っている庶民の味になりました。

食材へのこだわり

素材を吟味し、素材の味を大切にした銀座若松のあんみつは、こだわり尽くしの自信作です。

小豆は十勝産、赤えんどう豆は富良野産、寒天は伊豆三宅島産、黒蜜は奄美大島の黒砂糖を使用しています。

さらに、銀座若松のあんこは、短時間でさっと炊き上げているため、砂糖を多めに使っているのにも関わらず、さらっとした喉越しでとても食べやすくなっています。汁粉屋だった銀座若松だけがつくることができる味です。

発祥当時から変わらない味のあんみつをどうぞご賞味下さい。